2006年03月23日

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

映画の制作が決定したアニメ版「灼眼のシャナ」の最終話です。

原作ファンとして、今まで観させてきていただきましたが、なんだかんだでとても楽しめました。
喋って動くシャナも、とても魅力的でした。
原作はまだまだ続いていますので、「まだ読んでないんだー」という方がいれば、是非ともお勧めです。

 

◆ あらすじ(公式より転載) ◆

  幾本もの光の柱が立ち並んだ御崎市。その上空では、いつ終るとも言えぬ戦いが繰り広げられていた。ヴィルヘルミナのリボンが舞い、ベルペオルの鎖と交錯する。トーガをまとうマージョリーと、変身したシュドナイが激しい炎を撒き散らす。存在の力が尽きることなく供給されるがゆえに、熾烈を極める戦い。その根幹にある零時迷子=悠二と、彼を取り込んだヘカテーを前に、シャナは言う。
「悠二を返してもらう」。
それは、ただのフレイムヘイズではなく、炎髪灼眼のシャナの決意だった。シャナとそして悠二の戦いの結末は…。

 

◆ 悠二とヘカテーとシャナ ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

ヘカテー「あなたは私のもの。もう、器を合わせたのだから。……ぁ(以下年齢制限付きのため省略)」

だから、喘ぐなとあれほど(ry

や、ボリューム絞らなきゃならないほどのエロボイスはまじカンベン。

アラストール「彼女が、この膨大な存在の力を生み出す仕掛けの核なのだ」
シャナ「あいつを倒して止める!」

自在法の干渉を受けないはずの贄殿遮那での攻撃を難なく弾き返す、謎のヘカテーシールド。
最後にパンチラを魅せたいというスタッフの強靱な意志が、ヘカテーを通してこの世に顕現した(以下省略)。

 

◆ ヴィルヘルミナ vs ベルペオル ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

ベルペオル「悪いが、ここまでだよ」

トドメ刺さなくていいのですか参謀閣下!

注目のベルペオル様の戦闘力は、ミナ以上でした。
自在に動く鎖『タルタロス』は強いですね。

 

◆ マージョリー vs シュドナイ ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

シュドナイ「ッチ! 燃料がありすぎるというのも厄介だな」
マージョリー「そうね、永久に戦えそうだわ」

ベ様は『タルタロス』を持ってるのに、我らが将軍シュドナイは『神鉄如意』を持っていないのか。
OPでは持ってるのに、本編では出てこないという悪夢。

 

◆ 君だけの君はどこにいる ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

悠二「僕は坂井悠二だ。君は誰? 君だけの君はどこにいる!」
ヘカテー「っ……私は……」

悠二が主人公っぽいセリフを仰いました。

ヘカテーは悠二に振られてショックを受けてます。

 

◆ ヘカテーシールド崩壊 ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

シャナ「はぁああああああ!」

ヘカテーの想いが揺らいだためか、シャナがヘカテーシールドを突破します。

佐藤と田中から譲り受けたブルートザオガーを片手で取り出し奇跡の二刀流
そして……

 

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

投げたーーッ!

アホかと。

自分の愛用武器を手放すわけにはいかない。
丁度いいところに、重くてごつい剣があった。
よし、これを投げよう。

(;´▽`A``

せめて、そのまま二刀流で斬りつけるアクションくらいは、あっても良かったのでは?

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

で、歯車の一つが壊れただけで仕掛けが停止

悠二は、お約束的にピキピキ割れて解放されました。

 

◆ 天破壌砕 ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

アラストール「紅世の魔神たる我の顕現は、大量の存在の力を消費する。今飽和している、莫大な量の力を使い顕現すれば、おそらく、街の崩壊は止まる」
悠二「じゃあ……」
アラストール「だが、我が顕現すれば、器たるフレイムヘイズは破壊される。……かつてそうなっった」

原作との相違点が一つありますね。
天破壌砕を行うには、紅世の徒を生け贄しなければならなかったのですが、アニメ版にはその描写がありません。

そのことに限らず、原作屈指の名場面たる天破壌砕をここまであっさりと使われ、ちょっと残念ではあります。

 

◆ ヘカテー救出 ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

ヘカテー「何もない……私はッ」
シュドナイ「大丈夫だヘカテー。お前は……お前さ」

バカな、シュドナイがナイスなセリフを言ってる……!?

おかげで、あんなにツンツンしていたヘカテーがデレ風味です。

 

◆ 天壌の劫火 ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

アラストール「オオオオオオオオオ」

完全に化け物になっちゃいました。
なんか吼えてる、なんか眼が光ってる!
灼眼どころじゃないw

ラスボスがこれでも不思議じゃないです。

 

◆ 終結 ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

シャナ「あたしどうして……」
アラストール「お前の器が、我の全存在を受け止めたのだ。契約の時に、その大きさを感じてはいたが」

天破壌砕を行って器が破壊されるのは、アラストールの存在が大きすぎるから。
つまり、アラストールの大きさを許容できれば破壊されないらしいことは、原作にも書かれています。
なので、私としては充分にアリな展開ですw
ちなみに、天破壌砕は原作10巻にて登場しています。

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

悠二「僕たちはこれからも、変わらず歩いていく。世界が外れる、ほんの少し前を」

シャナも悠二も健在、マージョリーさんは暫く滞在、田中とオガちゃんはいい感じ。
見事にハッピーエンドです。

や、トリニティを1人も倒滅できてなかったりしますが
街を出ると言ったシャナと悠二は、普通に登校してますが。
……。

(;´▽`A``

 

◆ 劇場版『灼眼のシャナ』制作決定 ◆

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

トリニティを取り逃がしたのも、シャナと悠二が御崎市に残っているのも、この映画のためなんだ!

無難に、このアニメ版のアフターストリーになりそうですが、他の可能性もあるでしょう。

例えば、原作10巻の過去編を完全映像化
超ナイスなキャラ達の集う原作の中でも人気のお話を忠実に映像化してくれれば、嬉しい限り。

例えば、天目一個な日々
強者を求めて流離う鎧の感動秘話。

例えば、ある日の九垓天秤
極度のツンツンキャラことチェルノボークたんが、モレクを虐めすぎたり慰めたり励ましたり……

例えば(以下省略)

妄想は尽きることなく溢れてきますが、映画館には行かないと思うので、DVD待ちとなりそうです。
や、A/Bが同時上映なら必ず見に行きます!

 

◆ アニメ版『灼眼のシャナ』を観て ◆

楽しく観させていただきました。
最終回を迎えてしまって残念です。

ただ、

フリアグネの扱いだけは納得いかない!!

アラストールやアシズと同じく、彼も愛に生きた素敵な男
それがアニメ版じゃあ、それこそただの変態+狂人
なんで変えてしまったのかが理解不能です。

これ以外は良かったのに、少し残念です。
オリジナル展開は面白く、小説よりも一足早いエンディングも無難にハッピーエンドでまとめられ、いい感じ。

アニメは終わってしまいましたが、原作はもちろん映画もあります。
こんな感じで、いいものを作って下さい。
期待して待たせていただきます

 

他のブログ様の記事を探すならブログランキングからどうぞ。
一日ワンクリックにもご協力お願いいたします。

人気blogランキング
にほんブログ村
ブログランキングくつろぐ

関連商品
posted by Xelteitr at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(30) | Animation:灼眼のシャナ

2006年03月17日

灼眼のシャナ 第23話「星黎殿の戦い」

ついに次回が最終回となってしまったアニメ版灼眼のシャナ。
展開が速いです。

さてさて、今回の灼眼のシャナの感想はいくつかのポイントに分けて書いてみます。

  • 前進あるのみ
  • 量産型ドミノ
  • あなたが私の中に入ってきている……
  • マージョリーさん帰還
  • 炎髪灼眼のシャナ
  • シャナだから助けてくれた

以上の6つについてサラッと。


前進あるのみ

ミナ「互いに構わず前進あるのみ」

こんなところで聞けるとは思わなかった。

そうです、乱痴気騒ぎ[ラズルダズル]の時間です。

と、 一人でヒートアップ してしまいましたw
なぜ私が 過剰反応しているかというのは、シャナの原作をお読みになった方には解るかもしれません。
「前進あるのみ」と言えば、原作者(高橋弥七郎氏)繋がりの作品「A/Bエクストリーム」に出てきたセリフです。
詳しく知りたい方はA/Bエクストリームシリーズの3巻目にあたる「アプラクサスの夢」を読んでみて下さい。ちなみに、 私の一押しの作品ですw


量産型ドミノ

前進接敵即殲滅の精神で星黎殿の内部に進入したシャナとミナを待ち受けていたのは、なんと量産型ドミノでした。

ドミノ「がしゃーん、がしゃーん」

しかもドミノったら、量産されても超かわいー!

教授かドミノが操縦しているのか、自立稼働型なのかが 素朴な疑問 。
シャナ達は存在の力をドレインされて超ピンチ。贄殿遮那も重いみたいですね。
けどさ……

ドミノを素手で破壊できるのに持てないの?

ドミノって金属製でしょ?w


あなたが私の中に入ってきている……

あーもぅ、このエロイムヘイズがッ!

前回のヘカテーはエロ担当になっていましたが、今回もそれに変わりありません。
なんか知らんけど喘いでいます。将軍が聞いたら即卒倒です。

シュドナイ、ベルペオルの悪役組は相変わらずの余裕っぷりです。
どのくらい余裕かって言ったら、ありきたりに「敵があとどれだけ持つか」を賭けるとかなんとか言うくらいの余裕さ。

それで、教授のこのセリフ。

教授「解ぁーからないからこそ、実験するのでぇす!」

……。

なんだか教授がまともなことを言っている気がする……!

気のせいか。


マージョリーさん帰還

とりあえず、姐さんが帰ってきました。
田中も佐藤も大喜びです。

ここで、トリニティの2柱が出陣。

シュ「奴らにまで乗り込まれたんじゃあ、ヘカテーも気が散るだろう。俺が出迎える」
ベ「それじゃああたしも相手をせずばなるまいねぇ」

シュドナイの強さは知っていますが、気になるのは参謀閣下の戦闘力。
原作では、まだ明記されていないんです(明記されてたら激しくorzですw)。
この鎖型の武器『タルタロス』は鎖を環一つ一つを外して広がったりもできるようなので、是が非でもメトロノーム(A/Bネタです)的な使い方を希望します。


炎髪灼眼のシャナ

シャナ「使命は果たす。でもミステス、悠二を壊したくない。どっちも私! どっちが欠けても私じゃない!

シャナがやっと答えを出しましたね。
ミナも納得してくれたようですし、よかったよかった。


シャナだから助けてくれた

自分はミステス。シャナはフレイムヘイズ。だからシャナは自分を壊す。

やっと違うと解ったようです。
ヘカテーはいちいち反応しています。

シャナ「悠二……絶対助ける!」

この幸せ者めが (*´Д゚)σ)Д゚*)ウリウリ


と、サクサク感想を書いてみましたが、クライマックスって感じですねぇw

予告「その時、少女は炎の中で笑った」

というのが気になりますよね。
楽しみに最終回を待ちたいと思います。

他のブログ様の感想を読みたいのでしたら、 人気blogランキング からどうぞ。

関連商品
posted by Xelteitr at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(15) | Animation:灼眼のシャナ

2006年03月10日

灼眼のシャナ 第22話 「揺らぐ炎」

 お腹を串刺しにされても、寝て起きて安静にしていれば復活するという丈夫さ。
 おいおいダイジョブかよと、私達をヒヤヒヤさせたシャナは、予告でも映ったように空を飛べるまで回復。

 さすがフレイムヘイズ、やるじゃないですか!

 さて、感想を。


snapshot20060310183201.jpg

 人間組は自分の無力さに悩んでいます。
 紅世関係者と自分達とが属いすぎる。武器となる剣は持ち上げることすらできない。近付けても、そばには行けない。
 というのが吉田さん、佐藤、田中の想いのようです。が、キミ達何かを忘れてはいないかな?

 そう、我らがメガネマンこと池速人の存在を!

 私が言いたかったのは、池の姿をさっぱり見ないな〜ということ。小説に限らず、アニメでも抜群の存在感の無さを遺憾なく発揮している池に乾杯。


snapshot20060310185123.jpg

 仮装舞踏会(バル・マスケ)の方では仲間割れフラグが立ちそうかもしれませんね。
 シュドナイがベルペオルの策に乗り気じゃないのが理由です。原作以上にヘカテーヘカテー言っています。


snapshot20060310193337.jpg

 器を合わせるヘカテー。シュドナイはご不満の模様。


snapshot20060310193944.jpg

悠二:「僕が、広がっていく。なんだろう……すごく……気持ちいい」

 ……。

 シュドナイカーーーーッ!!


snapshot20060310194344.jpg

 ここで、お約束の「首謀者による作戦の解説」です。渾の聖廟(こんのせいびょう)についての詳しい説明がなされます。感謝w
 それによると、零時迷子に器の大きさを誤認させ、莫大な量の存在の力を供給させる。しかも、回復した端から吸い出すことによって、存在の力の無限供給を可能にすると。
 ヘカテーがいることによって成り立つということのようですね。


snapshot20060310200530.jpg

 佐藤、田中から託された吸血鬼(ブルートザオガー)を片手で軽々と持つシャナ。
 二人は見なくてよかったですね。この違いを見せられたら、ダメージはでっかいでしょう。
 存在の力を操って身体能力の強化ができれば持てるようですが、それができる紅世側の存在と、それができない人間側の存在の距離は遠いですね。


snapshot20060310202926.jpg

 シャナに「近付けても、そばには行けない」吉田さん。
 この距離は、ミステスを破壊して世界が歪むのを防ぐフレイムヘイズか、悠二を助ける恋する少女か、の選択次第で遠ざかりも近付きもするでしょう。


snapshot20060310204933.jpg

 悠二の想いを知るヘカテー。
 これでシュドナイの言うまっ白で純真無垢なヘカテーではなくなった可能性有り。

 シュドナイvsベルペオルのフラグが立ちかけです。

 これが実現すると、ベルペオルが未完成の存在の泉を使ってシュドナイ倒滅。辿り着いたシャナがピンチになるも、覚醒した悠二が存在の力の無限供給を受けながらブルートザオガーでベルペオルを攻撃。ベルペオル木っ端微塵。
 などといい加減な妄想を言ってみますw ちなみに、シュドナイがベルペオルに勝利すると、シュドナイが木っ端微塵です。


snapshot20060310211023.jpg

 天空の城に突撃するシャナ。
 まだどうするかは言いません。決めているのかいないのか。


snapshot20060310211715.jpg

 不敵の笑みを見せるトリニティの2人。

 まさに悪役的な感じが素敵。

 これで決戦の舞台は整いました。後は役者が揃うのを待つだけ。


 と、書き上げるのに数時間が経ち、見直ししているわけですね。それで修正点を発見。
 上の方の、悠二がブルートザオガーを振るうというのはありえそうにないですね。アニメ版の悠二は存在の力の使い方を習得していないようなので持てないっぽいですよねw

 というわけで、今回は戦闘シーン無し。
 日常と非日常、それぞれに属する人達の距離が描かれていました。この距離の強調は、シャナと悠二の転生ENDの伏線でしょうか。……所詮ネタですw
 何よりも注目すべきは、なんと言ってもシャナの行動でしょう。このフレイムヘイズの少女が取る道はどういうものなのか。ただ、天破壌砕はしてほしくないですw


 さて、今回は画像を使って感想を書いてみましたが、やはり時間がかかりました。いろいろやりなが書いたのも長引いた原因ですけどw
 って、もうすぐ11時ってw

 とりあえず、今回はこんなところでしょうか。また次回も感想書きたいです。
posted by Xelteitr at 19:32 | Comment(2) | TrackBack(17) | Animation:灼眼のシャナ

2006年03月07日

灼眼のシャナ 第21話 「遠ざかる想い」

 シャナと吉田さんと悠二、佐藤と田中とマージョリーさん。みんなの想いがすれ違い、遠ざかっていくお話。
 ……どうもテンションの下がる展開は苦手です。


 シャナは悠二ラブでしょう。んで、悠二は?
 シャナは伝えたいことをうまく伝えられない、自分の気持ちがわからない。んで、悠二は?

 どうやら悠二はシャナをフレイムヘイズとして見ていますね。シャナがフレイムヘイズである前にシャナである、そのことに気が付いてENDとなりそうな気がしています。が、僕の予想が当たったためしがないので、たぶんハズレですw

 シャナと吉田さんの死闘は、どのように決着するのでしょうか。


「あの自在式の上に、何かが来るはずよ!」
 前は飛行船。今度は……

 どう見てもラピュタです。

 人がゴミのようだー(人間風情は『命の薪』)と、目がぁああ(3つあるー)にかけているんです。
 ……。ほんとは『天道宮』が出てきたときにやるべきネタですが、書いていなかったので今ここでw


 ヴィルヘルミナの攻撃から悠二を守ったシュドナイ。カッコイイぞ!
 シャナが庇ったのを見てあの余裕。あの程度の攻撃なら余裕で守れたと?
 本編だとドジキャラとして名の通っているシュドナイが、アニメでもドジやらかしたってことでしょうかw


 ところで、原作でトーチ化している池は、アニメでもトーチ扱いですか?w どうにも出現率が低いです。
 あ、トーチと言っても、存在が薄すぎてトーチになっているのでは?というネタですのでw
 周りが紅世の関係者になっていくなかで、池だけは一般人。

 ……。

 がんばれメガネマン!


 あと、仮装舞踏会 (バル・マスケ)は、音声で聞くと「バルマス家」に聞こえてしまいますw
 組織名だから、これはどうしようもないですねぇ。


 さて次回ではシャナが復活しているみたいです。さすがフレイムヘイズだ、あの程度かすり傷だぜ!
 とりあえず、悠二救出のために乗り込むんでしょうね。“嵐蹄”フェコルーが出てくるのかなぁ。期待期待w けど、公式の人物紹介には載ってないからダメっぽいかなorz

関連商品
posted by Xelteitr at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(6) | Animation:灼眼のシャナ

2005年12月06日

灼眼のシャナ 第9話「恋と欲望のプールサイド」

ちょ……「うるさいうるさいうるさーい」言い過ぎじゃないっすか?

というわけで、シャナの感想です。

今回はてっとり早い視聴者サービスで水着です。
シャナが勘違いしたり、吉田さんが胸を押しつけたり、マージョリーさんが酔い潰れてたりしています。

なんか佐藤の性格を変えた意味が良くわからないくらいに、悠二ファミリーに溶け込んでます。
性格変えたことで、佐藤のイメージ低下以外の効果があったのかという素朴なg(ry

と言っても、シャナのツインテールが見られて非常に満足であります。
そりゃあもう、理屈抜きに。

今日、公式サイトを覗いてみたらシュドナイが載ってました。
そういえば愛染兄妹の護衛とかやってたよなぁと思い出しました。
けっこう忘れてますね。

また原作も読みたいなぁ。



人気blogランキングに参加中。ワンクリックにご協力お願いします。
posted by Xelteitr at 16:01 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | Animation:灼眼のシャナ

2005年12月04日

アニメ版灼眼のシャナ

 受験は終わった。やることはやった。
 あとは期末テストと学年末テストの2つの考査をこなして、課題研究のレポートを書けば卒業ですねということです。

 そんなわけで、楽しみにしてたアニメ版シャナの感想を。といっても、まだ7話までしか見てないので、そこまでの感想となります。

 とりあえず、不満を。

 まずはなんと言ってもフリアグネの扱い。お気に入りだったキャラを廃人にされちゃたまりません^^;
 原作ではマリアンヌとの愛を永遠のものにしようと最後まで奮闘する、かっこいい敵だったのに、アニメじゃマリアンヌが死んだことにも気が付かないくらいクレイジーでした。これじゃ、ま さ に 変 態 。
 勘弁して下さい。

 原作では悠二の友人である佐藤&田中との関係が、かなり険悪なものです。というか、佐藤が荒れてます。原作では(ry

 平井ゆかりの登場も不可解です。
 ”あまり目立たなくておとなしい”と言ったようなイメージだった平井さんが、実は明るく元気な女の子でした。
 このイメージは悠二が思っている平井ゆかりだったはずなので、トーチになっていて存在が稀薄になってしまった平井ゆかりとしてのイメージということだったのでしょうか。
 マンガで描かれた平井ゆかりと、かなり違っています。

 マージョリーさんのドラゴンボールっぽさにはつっこみません。

 と、とりあえずグチってみました。原作と同じというのもつまらないので、オリジナル要素があるのはいいのですが、フリアグネの件だけはどうにも納得できません。
 それでも、動くシャナや、自在法の紋様などが見れて嬉しいです。

 さて、次はアニメ版ARIAの感想でも書こうかなと思っています。
posted by Xelteitr at 19:37 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

2005年08月12日

公式サイトが不安定

 どうやら、灼眼のシャナ公式HPが接続ししづらい状態のようですね。今朝も接続できませんでしたし。
 原因はなんでしょうね。普通にサーバートラブルなのか、もしかしてひょっとするとアクセス集中とかだとすごいですねw

灼眼のシャナ公式HP

posted by Xelteitr at 20:44 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

2005年08月11日

登場キャラクター紹介がUP

 さてさて、トラックバック・ピープルを自分で作ってみたり、種運命すらAnimeカテゴリなのに灼眼のシャナを独立枠にしたり、 上にあるブログ名の下の紹介文みたいなところに変なこと書いてみたりと、 私が灼眼のシャナにいかに期待しているかがすぐわかるという状態なのに、またも公式サイトが更新されました。

 進学模試の時に書かされた作文のアドバイス欄に、 1つの文は30文字程度にしようと書かれていたのを鮮やかに軽やかに無視している私に乾杯。
 でも、普段からそういうクセを付けておかない本番でウッカリってことがあるよ、というのは事あるごとによく聞く話。
だけど第一志望の専門学校は作文が無いようですね。作文はあまり得意じゃないので一安心。

 と、話が大きくそれています。戻しましょう。

 灼眼のシャナ公式HPアニメいろいろ内にある登場キャラクター紹介のページがUPされました。

 相関図がドンと載っており、顔をクリックすれば別画面で年齢、性別、身長、特徴などの個人情報が閲覧できます。
 上記の文字情報は、小説などの原作を知っている方にとっては特に真新しい情報では無いですよね。
 注目すべきは顔画像です。私にとって見慣れたいとうのいぢさんの画像ではなく、アニメ版の画像 (なんて言えばいいでしょうか(;´▽`A``)になっているのです。
 アニメはアニメ、原作のいとうのいぢさんの絵と比べるつもりは無いですが、気になったところやら感想やらを。

 

 一番私のイメージどおりだったのは吉田さんですね。違和感がないです。

 シャナはちょっと紅不足かなと。おそらく炎髪灼眼モードだと思うんですが(これで日常生活モードだとそれはそれで困りますが)、 も少し紅くあって欲しいですね。
 これはこれで素敵ですがw

 平井ゆかりさんには驚きでした。私が見逃していなければ、小説には描かれていなかったので、平井さんのイメージが無かったのです。
 しかもヘアゴムにはネコのワンポイントが入っているという裏情報までw
 でも、コミック版を読んでいる方は知っているのでしょうか。ちょっと羨ましいw

 フリアグネの髪の色ってあんなだったんですね。小説を見直してみると、たしかに青というか青紫っぽい配色になっていました。
 小説だとあまり色に気が付かなかったりすることもありますが(私くらいだという説もありますがw)、 アニメはそうもいかないというわけですね。これもアニメの特権ですね〜。
 そして、マリアンヌかわいい、普通にかわいいw

 ちょっと千草ママが老けてません? もっと若々しくてOKですが、 こっちの方がママっぽいうわなにをするやめろあうfなpふぃdhz

 左の「?」になっている4人は誰でしょう。池、田中、 佐藤の他には思いつかない自分はまだまだシャナを読み足りないんですかね(;´▽`A``
 ……。
 体育の先生?

 

 ついに画像まで後悔されて、想像と妄想と期待は膨らむばかり。
 これからも目が離せなさそうですw

 

 ブログランキングに参加中です。
 他の方のブログを見に行くなら人気blogランキングからどうぞ。

posted by Xelteitr at 23:38 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

皆さんお気軽にご参加下さいね

 検索しても灼眼のシャナのトラックバック・ピープルが見つからなかったので、自分で作ってみることにしました。初めてのことなのでドキドキですw

灼眼のシャナ - トラックバック・ピープル

 新しい話題を作るには、申請して審査されて承認されなければならないのですが、承認のメールはすぐに届きました。
 自分しかトラックバックする人がいない、という状況はすこし寂しいので、皆さんどんどんトラックバックして下さいね〜。

 あとはサイドバーにトラックバック・ピープルのリストも作らなきゃ。
posted by Xelteitr at 20:18 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

灼眼のシャナ キャスト Part2

 えーっと。消えました。
 書いてる途中で間違ってリンク先をクリックしてしまい、あわてて戻っても時既に遅し。今まで書いていた文は綺麗になくなっていました。
 なんとも言えないやるせなさに襲われていますw せっかくほとんど最後まで書いてたのになぁー。

 というわけで、お知らせのみですのであしからず。

 灼眼のシャナ公式HPスタッフ・キャストのページが更新されています。
 マージョリーさんやフリアグネ様の声優さんなどが追加されています。スタッフの方も増えていますね。

マージョリー・ドー:生天目多美
マルコシアス:岩田光央
フリアグネ:諏訪部順一
マリアンヌ:こやまきみこ

 調べてみると、全く知らなかったのはマージョリーさん役の生天目多美さんのみという結果になりました。

 まだまだ暑いですが、これからいよいよ秋に向かっていくわけですね。もう、期待に胸を膨らませて待たせていただきますよ。
 だからといってもシャナの胸がふくらmふぁp@ぢふぁ



 ランキングに参加中です。
 他の方のブログを見に行くなら人気blogランキングからどうぞ。



●関連商品

灼眼のシャナ~Prelude to Shana~
 「灼眼のシャナ」のTVアニメ化決定を記念した特報版DVD。特製ポストカードが10枚セットで1,260円(税込)。誤植ではないとのことですw
いとうのいぢ画集 紅蓮
posted by Xelteitr at 15:28 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

コミケでシャナグッズ

 非常に個人的な理由で、あえて無視していた情報だったりします。
 中の人(=僕)は北海道在住の学生ですので、コミケなんて行きたくても行けないという難儀な状態。や、別に行きたいと言ってるわけらっfpざhfz

 とりあえず、灼眼のシャナ公式HPプロジェクト情報のページに詳細が載っています。

8/12〜14に東京ビックサイトにて行われるコミックマーケット68、企業スペースのロンドローブブースにて、「灼眼のシャナ」アイテムが登場!!是非お立ち寄りください。

 テレカ500円に、特製ビニールバッグを無料配布……。ぶはっ、欲しい! しかも美しい広告まで張り出される予定ですって。
 えぇーい、コミケ69の開催地は北海道を提案します。
 給与君を誘って東京に出陣しfじゃそpdふぁ

 入手した方は「ほれほれいいだろうー羨ましいだろう」と声を掛けて下さい。想像以上に悔しがると思います。
posted by Xelteitr at 13:55 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

2005年08月03日

灼眼のシャナ テーマ曲決定

 まだまだ情報が少ないアニメ版『灼眼のシャナ』の新情報がやっとこさ公開されました。アーティストしかわからなかったテーマ曲のタイトルが決定とのこと。
 これからも灼眼のシャナ公式サイトに注目です。

※2005年08月02日(火)
OPテーマ・EDテーマのタイトルが決定しました!!
OPテーマ『緋色の空』(ひしょくのそら)/川田まみ
EDテーマ『夜明け生まれ来る少女』/高橋洋子


 緋色と言われても「赤っぽい色のことでしょ?」くらいにしか知らなかったので、辞書を引いてみることに。
●緋色:1 濃く明るい赤色。深紅色。緋。
 つまり、【濃く明るい赤色の空】ということですね。なんともシャナらしく紅い曲名ですねw 

 EDの方は意味深ですねぇ。ストレートな意味がよくわからない……。少女ってのは=シャナと解釈してよろしいので?ww
 だれか教えてヾ(;´▽`A``

 というわけで、どちらの曲も、どんな曲になるのか楽しみであります。というか、妄想が膨らむばかりwww


 ところで、灼眼のシャナ 〜Prelude to Shana〜ってDVDはネットの通販でしか手に入らないとかですか? 是非とも手に入れたい……。




追記

 業務日誌の方に詳しい製品情報がありました。CDは是非とも入手したいですw 同志はチェックすべしですよー。
posted by Xelteitr at 11:08 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

2005年06月29日

灼眼のシャナ - スタッフ

監督や脚本、キャラデザなどのスタッフを気にして見たアニメはそう多くない僕です。

初めて監督・脚本・キャラデザを調べたのはスクライドだったでしょうか。
ちなみに、未だに僕の中で最高のアニメはスクライドだったりしますw
さらにちなみに、スクライドのキャラデザはガンダムSEEDでお馴染みの平井久司です。

なので、自分のために灼眼のシャナの制作スタッフを調べてみることにしましたw
と言っても代表作を書くくらいのことしかできそうにないですが……。

調べてみるのは灼眼のシャナ公式HPに載っている方々です。



▼監督:渡部高志▼

監督といえば、偉い人。
作品の善し悪しを決める重大な人物です。(ホントか?w)
種の福田(でしたっけ?)のように叩かれたりもしてる人もいるようです。

で、灼眼のシャナの監督は渡部高志さんという方。
わりと当然のこととないりますが、知らない人です。
監督作品にスレイヤーズ、ロスト・ユニバース、一騎当千?

えぇ!?

めちゃめちゃ知ってるアニメばかりじゃないですかw
びっくりですねぇ。

どれも好きなアニメなので、期待大!
この監督の作品との相性がいいのかなw


▼シリーズ構成:小林靖子▼

特撮やアニメの脚本家ということです。
担当作品はゴーゴーファイブ、ギャラクシーエンジェル、ごくせん、げんしけんなど。

で、ここでおもしろい情報をはてなから入手。(はてなさんにはいつもお世話になってます)
GEAR戦士電童のスバルというキャラを男から女に勝手に変えられたことに激怒し、以降サンライズの仕事は受けていないとのことです。

ここで言いたいのは小林さんが激怒したことではなく(勝手に設定を変更されて気分がいいはずがないですよね^^;)、勝手に設定を変更した人物が問題有り。
その名も両澤千晶。あの悪名高きガンダムSEEDの脚本家です。ちなみに監督は福田という組み合わせ。
もう、この夫妻にタッグを組ませるのはよしてくれw

直接小林さんに関係のある話題でなくなってしまいました^^;
知ってる人には有名な話だったのかもしれませんが、僕としては驚愕の事実でした。


▼キャラクターデザイン:大塚舞▼

で、検索してもさっぱり出てこないっていう……orz
わりと無名な人だったりするんですかねぇ。
これで有名人だったりしたらどうしようw

もうどうしようもないので、代表作のない人とします(ダイジョブかな……)。
するとシャナが初の代表作となるわけで、キャラクターの可愛さは未知数ということに。
どんなシャナになるのか楽しみです。


▼音楽:大谷幸▼

どこかで聞いたことのあるお名前だと思ったら、ガンダムWの音楽を手掛けておられた方なんですね。
僕の微妙な知識は相変わらず微妙ですw

他にも様々作品に関わっておられるようです。


▼オープニングテーマ:川田まみ(I've)▼

代表作におねティとおねツィのEDがあるようです。
どっちも知らない orz

とりあえず、実力のある方のようなので、どんな曲になるのか楽しみです。
シャナの燃え萌えにマッチする曲を希望ですw


▼エンディングテーマ:高橋洋子▼

知っている方は知っているでしょう。
僕は知りませんでしたがw

あの有名アニメエヴァンゲリオンのOP「残酷な天使のテーゼ」を歌っておられる方と言えば多くの方にわかって頂けると思います。
他にはエヴァ劇場版ED「魂のルフラン」なども。

高橋ごうさんは高橋洋子さんの実弟だそうです。


▼アニメーション制作:J.C.STAFF▼

一騎当千や藍より青し、まほらばにまぶらほなど、様々なアニメを作り上げているアニメーション制作会社(でいいのかな)のようです。
これは安心して待っていられるのでしょうか。

ってか、どんな仕事をするんですかねぇ。
アニメーション制作では範囲が広すぎてよくわからないです……。



こんなところでしょうかね。
もう、楽しみでしかたがないですw
新しい情報も待ち遠しいですね。

いったい、どんなアニメなるのでしょうか。


人気blogランキングに参加中。
ワンクリックにご協力お願いします。
posted by Xelteitr at 19:20 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:灼眼のシャナ

2005年06月28日

灼眼のシャナ キャスト

2005年秋にオンエアが決定した「灼眼のシャナ」。
今回は気になる声優さんについてです。


シャナ:釘宮理恵
坂井悠二:日野聡
アラストール:江原正士
吉田一美:川澄綾子
坂井千草:桜井智

という声優陣です。
ドラマCDとは変わっています。
ちなみにドラマCDのキャストも貼っておこう。

シャナ:堀江由衣
坂井悠二:森田成一
吉田一美:佐藤 朱
アラストール:大塚明夫
坂井千草:皆口裕子

このドラマCDって、まだ入手可能なんでしょうか。
僕は電撃かなんかの通販で購入しましたが、締め切りとかあったような……。
とてもいいモノなので、興味を持たれたら探してみるのもいいかもしれませんよw

千草ママ=皆口さんとアラストール=大塚さんというのは、僕的にハマリ役でした。



さて、アニメ版にの話に戻します。


▼シャナ:釘宮理恵▼

僕の中には「秋桜の空に」の子鹿役というイメージがあるのですが、「鋼の錬金術師」のアル役などもやっておられます。
エレメンタル・ジェレイドのチルル役もやっておられるようですね。
エレメンタル・ジェレイドも見てみたいです。

少女役を演じることが多い人ですし、シャナくらいの年齢の子に合っているのではと思います。
「うるさいうるさいうるさい!」が楽しみだったり。
期待大w


▼坂井悠二:日野聡▼

知らない人です……^^;
声優さんを多く知っているわけではないんですが、聞いたことのない名前でした。
と思っていたのですが、一騎当千の周喩役をやっておられるようです。
……はい。一騎当千見てます=知ってましたorz
知らないなんて言ってすみません^^;

正に普通の少年のようなイメージです。
そう。普通の少年だった悠二には普通の少年の声が似合っています。
あまり知られていない人(僕だけだったら情けないです)だと思うので、シャナが出世作になればいいですね。


▼アラストール:江原正士▼

この人はほんとに知らない人ですね。
はてなによると、リーダーっぽい声の役が似合うらしいですw
アラストール=リーダー?
リーダー=渋い声という解釈でいいのなら問題はないですが。

釘宮さんとは違う意味で期待ですw


▼吉田一美:川澄綾子▼

有名な方ですね。
まほろさんだったり、千影だったり、香里だったりな方です。

なんですが、あんまり馴染みがなかったりするんです^^;
なので、僕としてはあまり想像ができない状態です。
シャナが始まる前にチェックしておきたいと思います。


▼坂井千草:桜井智▼

桜井さんといえば、マクロス7のミレーヌです。
24時間うごめく街を〜♪(歌ってる人は違うけどw)

ミレーヌは元気な娘さんでしたが、今回は落ち着いたママ。
僕の知ってるキャラと違いすぎるというか対極w
どんな千草ママになるのか楽しみです。



というわけで、みんな楽しみだぁー!という結論w
今からワクワクです。

どんな燃え萌えアニメになるのかと、今から待ち遠しくてたまらないですよーw
posted by Xelteitr at 20:43 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | Animation:灼眼のシャナ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。