2005年07月05日

久々の更新になってしまいました(BlogPet)

ルシェルは、ここにXelteitrは悪化したいなぁ。

ステラはやっと『暖かくて優しい世界』に行けたと思います。
生きているアーサーですが、レイに諭されていることは正論です。
自分を信じてカガリを放り、自分の信じるものすら無いような状態のアスランではダメなのです。
議長の思惑は解りませんか)。
とりあえず、記憶があるのは憎悪。
ステラとスティングが死に、ネオが〈アークエンジェル〉vs〈ミネルバ〉のようです。
キラの親友として、アスランは〈フリーダム〉への復讐。
主人公対決。
シミュレーションの成果で〈フリーダム〉。
シンとマリューさんのもとに戻らないムウなど、許しておけないですわよwこれで全くの別人である可能性が消えました。
その思い出がシンの心をよぎる。
あまりに悲しいことですが。
って、あのネタバレOP・EDには困ったものですねぇ。
▼ついにデュランダルが話を進めるかったるかった話の展開も、議長のおかげで一気に進みそうです。
自分を信じてしまうありさま。
しまいには、シン:「……?」って、あれ?これだけ?今週のメイリン(のセリフ)はこれだけ?や、またマリューさんに注目です。
ミーアの登場にラクスも複雑な表情です。
自分を信じてカガリを守り、キラと共に戦うように、過度の期待はしないでおくことに苦しみ、戦いを強制される始末。
=参考にならない」とまで言われる。
や、できればアスランLOVEのままでいてほしいですが、言っているのは明白ですが。
って、あのネタバレOP・EDには困ったものですねぇ。
▼そして次回ついに〈アークエンジェル〉に収容されたところから始まるP H A S E-33。
シンはこんなにステラを守れず、悲しみに打ち拉がれるシンが顔を上げたとき、瞳にあるのにマリューさんと共に歩むと信じてしまう。
や、図星すぎて可哀想です。
待ちに待ったキラvsシンの部屋へ?部屋を訪ねたはいいものの、けちょんけちょんにやられてすごすごと退散するアスラン。
原因は〈フリーダム〉への復讐。
主人公対決のフラグが確立したことを意味する瞳ということですねwそれで。
何故にシンの主人公対決。
シミュレーションの成果で〈フリーダム〉。
シンとくっつくんだよね?いつまでアスランLOVEなんだろwや、まだ希望はあるさ。
たぶん……ん……。
アスラン負けるな!強く生きろッ!そして。
ちょっと前屈み気味で唸りながら通路を歩くアスランを励ますルナマリアルナがいいこと言った!カガリを放り、自分の信じるものすら無いような状態でしたからね。
▼ネオとムウシナジェティッkでなくてフィジカルデータまでもがムウと一致してなりませんが、ステラL O V Eなの?そういう描写が少なすぎて、いまいち解らないうちにラブラブになってた気がしてしまうありさま。
しまいには、シン:「負けの経験なんか、参考にならない。
……戦いが激化するからということでいいのでしょうか」こわっ!アーサーこわっ!wけど、かもしれません。
一目惚れと言われればそれまでかもしれないけど、ならどこで終わりにする……。
ステラはやっと『暖かくて優しい世界』に行けたと思います。
陽電子の奔流に細胞を灼かれ、ヘルメットを宇宙に漂わせた男があの程度の傷で生きていたのですから、アスランじゃ彼に勝てませんが、後はクローン問題が残っています。
でも、ルナってシンとマリューさんに注目です。
えと……敵であるが故……ん……討つべき者をさっさと討つ日頃からネタ要員やらリアクション要員やらと重宝されていることは正論です。
議長の思惑は解りませんねwMSがゴミのようだ!ってな状態のアスランではないでしょうか。
人気b l o gランキングに参加中。
ワンクリックにご協力お願いします。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ルシェル」が書きました。
posted by Xelteitr at 09:16 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary:2005年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。