2005年03月21日

1位アロンソ、2位トゥルーリ フィジケラはクラッシュ

F1 第2戦マレーシアGP 決勝結果

やってくれました。
トヨタがついに表彰台ですね。
ルノーの速さも間違いないみたいですし、フェラーリのこれからが楽しみです。

フィジケラはウェバーとクラッシュしてしまいましたね。
あれは確かにフィジケラが悪い。
あそこで譲って、なんとか完走してほしかったよ。


そして結果。

1位は独走状態だったアロンソ。
2位とは24秒も差をつけて余裕のチェッカー。

エンジントラブルもなくタイヤもきれいな状態。
唯一の弱点とも言われていた耐久性でしたが、見事に問題ないことを証明してくれました。
フェラーリの無敵時代を終わらせることができるかな。


トヨタはついに表彰台。
これまで5位が最高だったことを考えると、素晴らしい進歩。
オーストラリアではピット後にペースダウンしてしまい、あっという間にポイント圏外になってしまったが、今回はペースを維持できましたね。

ラルフの空力パーツが飛んでいたのは、開発がギリギリだったからなのかな。
エンジンには絶対の自信を持っているとのこと。
これからも全力で開発を続けていってほしいです。


フェラーリはシューマッハの2ポイントと、バリチェロの8ポイントの計10ポイント。
ルノーは26ポイント。
トヨタはなんと12ポイントと、フェラーリの上。

フェラーリは新型マシンをいつ出してくるんでしょうかね。
このままじゃぐだぐだですよ。

ルノーの強さが際立っています。
トヨタはこれからも速くなりそうな予感。というか希望w
posted by Xelteitr at 12:06 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Column:モータースポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。