2006年03月05日

情報流出事件多発でWinny接続数はむしろ「増加」

ITmedia エンタープライズ:情報流出事件多発でWinny接続数はむしろ「増加」

 制作者が逮捕されたファイル共有ソフトのWinnyは、未だに盛り上がっているようです。

>メディア報道が新たなWinny利用者を呼び込み、興味本位のダウンロードを誘っている側面も否定できないようだ。

 情報流出のニュースがWinnyに初心者を呼び込み、その人が情報流出して以下ループ。見事な悪循環ができてるような気が。
 警察はこれからどのように対応していくのでしょうか。と言っても、その警察の中にもWinnyをやっている人がいるというのですから、困ったものですね。
posted by Xelteitr at 23:57 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | Column:インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

人々の意識を高めることこそ必要〜道具を悪者にするのは本質ではない
Excerpt: 岡山県警で捜査情報(機密情報)がネット流出する事故が発生しました。ファイル交換ソフト「Winny」を介したそうです。Winnyにはセキュリティ的脆弱性があり、それを悪用する..
Weblog: タロットと癒しのセラピーで成長しました
Tracked: 2006-03-06 11:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。