2005年12月05日

アニメ版ARIA

 前回のアニメ版灼眼のシャナの記事は不満ばかりになってしまいましたね。そんなつもりでもなかったんですが、そんなことになっていました。そんな日もあります。
 さて今回は、ARIA The Animationの7話までの感想を。

 シャナはアニメのオリジナル要素が仇となったとなった感じでしたが、ARIAはオリジナル要素が素敵すぎます。
 原作の数話を融合させたり、オリジナルストーリーを絡めてみたり、新しい登場人物が出てきたり。どれも素晴らしい。
 もう、安心して見ています。声優さんはドラマCDの方がツボでしたが、アニメ版もアリです。

 なんか、絶賛してたら書くことがあまりない……。
 そんなわけで、続き見てきます。
posted by Xelteitr at 13:39 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation:ARIA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。